こんにちは、立憲民主党の小山田春樹です。私の提案する京都市政改革の政策をご紹介します。

 

🔷市民生活を応援します!

 

①若者を応援する市政を!

年間100万円の奨学金を学生1000人に支給をめざします。卒業までに、私立大学では400万円以上、国公立大学でも約240万円かかる高すぎる学費。国がやるべき給付型奨学金制度ですが、市独自でやれることもあります。年間10億円の財源は、無駄排除の行政改革で作れます。

 

②お母さんを応援する市政を!

働くお母さんにとって切実な問題が保育所です。待機児童ゼロを実現・充実させ、子育てを応援する市政を実現します。子供の医療費無償化の拡大に取り組みます。

 

③商店街を活性化して元気な京都を右京から!

嵯峨野、嵐山など観光客に人気のある右京区ですが、さらに地域経済の活性化を進めるには地元商店街が栄えなくてはいけません。地域コミュニティ放送局『FM嵯峨野』開局をはじめ、町興しと防災対策に積極的に取り組みます。

 

④お年寄りを大切にする優しい街づくりを!

歳をとれば収入は減り、病気や身体の故障は多くなります。健康保険、介護保険、医療費などお年寄りの経済負担を少しでも軽くするため、住民税非課税者の国民健康保険料減額制度を維持します。

 

🔷安心・安全な街を実現します。

 

①災害に強い街づくりを進めます。

右京区・西京区エリアの地域コミュニティ放送局『FM嵯峨野』を府、市、民間企業、大学などの参画で開局し、防災と地域経済活性化に活用します。台風など災害時の避難準備・指示を迅速に行うため緊急メールの改善に努めます。

危険なブロック塀の改修・撤去を進め、改修補助金制度を充実させます。

 

②市民の健康と安全、美しい古都の景観、自然を守ります。

受動喫煙を防止するために分煙化を推進。飲食店などの改築補助金制度をつくります。

景観保護政策を進め、電柱の地中化を進めます。

違法な民泊を規制して、市民生活の安全・快適を守ります。

宿泊税を活用して公共交通機関を改善します。

皇室行事を京都で開催するなど、双京構想を推進します。

 

③安心して働ける職場と、差別の無い共生の街を作ります。

長時間労働を規制して過労死を防ぎ、最低賃金を上げる労働政策を実現。職場のパワハラ、セクハラを根絶します。

ヘイトスピーチを規制し、民族差別、部落差別、障がい者、性的少数者差別を許さない共存共栄の街をつくります。

 

④原発事故の危険から京都市民の安全を守ります。

大飯、高浜など福井県の原発再稼働に反対し、脱原発を2030年代までに実現します。

 

🔷身近な課題すぐやる市政を

「太秦広隆寺付近に公衆トイレが無いの困るね」「ここに信号機無いのは危ないよ」「嵐電の山ノ内停留所怖いわ」「毎日観光客に道聞かれるけど、案内地図の掲示板作ってほしいわ」…。

市民生活の身近な課題を素早く解決する市政を実現するために働きます。

放送業界40年間で培った取材力と対話力を活かして、ニュートラルな政治思想とバランス感覚を大切にしていきます。

和を以て貴しとなす、聖徳太子の思想が私の原点です。